肥前ケシアド 6個

当家に伝わる江戸中期の宝暦五年(1755)頃に編纂された『菓子仕方控覚』という 「鶴屋文書」の中に「けし跡(けしあど)」というポルトガル伝来の南蛮菓子があります。
これはポルトガルの「ケイジャータ」というチーズ菓子のことで「文書」のレシピには 当時入手困難だったチーズの代わりにカボチャのあんを使用したことが記されています。
この度、当時のレシピをもとにしてチーズをねり込んで、現代風にアレンジして「けし跡」を 「肥前ケシアド」として復刻いたしました。

肥前ケシアド 6個

価格:

1,193円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

発売以来、各メディア様にご紹介いただいております。 たくさんの掲載、誠にありがとうございます。 ケシアド                                                                             〜幻の南蛮菓子「肥前ケシアド」の由来〜
 創業370年(1639年創業)の当家には、代々伝わる「鶴屋文書」という4冊の菓子の
製造書があります。江戸時代中期の宝暦5年(1755年)頃書かれたと思われるこの中の
1冊に「菓子仕方控覚」というものがあり、ここに南蛮菓子のひとつ「ケイジャータ」の記載が
あります。これは「長崎夜話草」(1720年)にも当時の長崎土産として紹介されています。
 元来「ケイジャータ」はチーズを使ったタルト風の菓子で「ケイジョ」とは、ポルトガル語で
「チーズ」を意味します。「ケイジャータ」は現在でもシントラ地方の伝統菓子として有名です。
鶴屋文書では、当時入手困難であったチーズの代用として、当時佐賀で比較的簡単に
入手できた「ぼうぶな」(かぼちゃ)の餡を使用したと書かれています。そしてこの「ぼうぶ
な」を使った「ケイジャータ」は「けし跡」「けし香」などの名前で佐賀藩主鍋島家にも献上
されたことが同じく「鶴屋文書」に残されています。しかし、残念ながらこの菓子は、製法が
むずかしいため時代とともに姿を消し、今では「鶴屋文書」に製法を残すのみとなっていま
した。
 鶴屋では、この伝説の菓子の再現を試みました。「鶴屋文書」に残る製法に従い、そこに
当時の職人たちが手に入れられなかった(手が届かなかった)チーズやシナモンを加える
ことで、職人たちの「あこがれ」を表現しました。
そしてこの度「肥前ケシアド」として復刻し、皆様に御賞味いただけるようになりました。
江戸時代の昔、「肥前の国、佐賀」にあったこの菓子を偲んで、末永く御愛顧いただけま
すようにお願い申し上げます。 

鶴屋文書

お買い物ガイド

送料について

お届け日について

お問い合わせ先

お支払い方法

ページトップへ